Category Archives: 未分類

ウルトラハイリーフ金貨の選び方

ウルトラハイリリーフ金貨の発行枚数は、114,427枚です。アメリカ国内でも圧倒的な人気を誇る金貨で、発行当時は外国人が購入できなかったといういわくつき。1つの家庭につき、1枚までしか、購入できなかった時代もあるほどです。そんなウルトラハイリリーフ金貨の中でも、特に希少価値が高い金貨の種類があるのです。

最も上位の価値があるとされているのは、ウルトラハイリリーフ・ファーストストライク、プルーフライクなど。価格は、数10万円から100万円台タイプまでそれぞれ異なります。2009年という現代に製造された金貨であることからも、その美しさは息をのむほどで、流通価格にも大きな影響がおよんでいます。種類別に見てみると、ウルトラハイリリーフ金貨の価値には細かな違いがあることに気付きます。

最上級の価値のある金貨を選ぶか、残存枚数が多めの金貨を選ぶか、選択の仕方は人によってそれぞれ異なります。価格帯には変動もありますが、手の届く範囲で購入するもよし、頑張ってより高値のウルトラハイリリーフ金貨を選ぶもよしと、夢が広がります。今だからこそ日本人でも購入できるようになった希少な金貨を購入して、後の代につないでいくのはいかがでしょうか。

希少モデルのデザイン

ウルトラハイリリーフ金貨は、1907年に発行されたアンティーク金貨の復刻版として誕生しました。金貨のデザインを担当したのは、アイルランドで生まれた彫刻家Augustus Saint-Gaudensです。アンティーク金貨の中でも超希少的価値を持つ20ドル金貨には、彼の名前からとったコイン名が名付けられています。

非常に厚みのあるウルトラハイリリーフ金貨は、デザインもクッキリと刻まれて美しいのが特徴です。復刻版とはいえ、製造年はまだ新しい金貨ですから、輝きもひと際です。重さは31.1g、厚さは4mm、直径は27mmで、65トンの圧縮が2回行われています。復刻版の他にも、ウルトラハイリリーフ金貨には、いくつかの種類があります。

アメリカ合衆国造幣局のイラストレーターであり、彫刻家でもあるJohn Mercantiがサインしたウルトラハイリリーフ金貨は、サイン入りでさらに希少価値が高まっています。特に最上級といわれているのが、First Strikeです。仕上げがほぼ鏡面という点がレアさに拍車をかけており、初期製造で初回出荷の金貨でもある点も、希少価値性を高めています。より希少価値の高い金貨は、残存枚数も少なく、アンティークコインのマニアが求めています。欲しい金貨は、早めに購入するのが、レアものをゲットするコツでしょう。

期間限定発行の金貨

世界には様々な金貨がありますが、中でもウルトラ級に希少とされているのがウルトラハイリリーフ金貨です。その希少性の高さは、2009年の1年間にしか発行されなかったことに由来しています。1枚につき、数億円もの値がつくほどの価値があるアンティーク金貨の復刻版で、ウルトラハイリリーフ金貨にも希少性が出ているのです。

ウルトラハイリリーフ金貨は、アメリカ合衆国造幣局が製造しています。品質の保証も同局が行っており、購入にあたって不足はありません。2009年1年の間にしか発行されなかったという機関限定の金貨だけに、マニアの間では垂涎の希少コインとされています。元々の金貨は古い製造で、1907年に発行されたもの。復刻されたのは2009年ですから、100年の時を超えてウルトラハイリーフ金貨は誕生したのです。

ウルトラハイリリーフ金貨は、比較的新しいコインです。それがなぜ希少コインだといわれるのかというと、復刻元の1907年に製造されたアンティーク金貨がほんのわずかな枚数しか発行されなかったためです。その価値は、いずれも数億円の値がついていますから、復刻版として製造されたウルトラハイリリーフ金貨にも高値がついているのです。所有する人の価値まで上げてくれそうな希少金貨と言えるでしょう。

金貨の希少性と購入

アンティーク金貨の購入は、マニアだけに任せておくのは惜しいほど価値のあるお買い物です。希少性の高い金貨ともなると、世界の大富豪でもなければ手が届かないような億単位の価格になっていますが、中には希少な金貨であるにもかかわらず、数10万円程度で購入できる金貨も揃っています。ここでは、希少な金貨であるウルトラハイリリーフ金貨について紹介しましょう。

2009年の1年間しか金貨の製造を行わなったという理由から、希少価値が高まっているのが、ウルトラハイリリーフ金貨です。発行当時からアメリカでは高い人気を誇り、購入枚数の制限もありました。外国に出回らず、10万枚ほどの発行枚数だったという背景からも、現在は世界中で圧倒的な人気を誇る金貨として知られています。

ウルトラハイリリーフ金貨の希少価値が高いのは、古い時代のアンティーク金貨の復刻版とのいわれもあるためです。1907年に製造された金貨を復刻したものだといわれており、当時は鋳造技術が十分でなかったためにほんのわずかな枚数しか発行されなかったことで、1枚数億円の価値にまで高められているのです。

ウルトラハイリリーフ金貨にも種類があり、購入するときには様々な条件を参考に選ぶとよいでしょう。金貨のデザイン、デザイナーのサイン入りかサインなしか、残存枚数、価格など、選ぶ基準はいろいろあります。価格は数10万円から100万円台と、種類ごとに価格の幅も広がっています。いずれも新しい金貨だけに、その輝きは抜群です。

アンティーク金貨の購入は、マニアだけに任せておくのは惜しいほど価値のあるお買い物です。希少性の高い金貨ともなると、世界の大富豪でもなければ手が届かないような億単位の価格になっていますが、中には希少な金貨であるにもかかわらず、数10万円程度で購入できる金貨も揃っています。ここでは、希少な金貨であるウルトラハイリリーフ金貨について紹介しましょう。

2009年の1年間しか金貨の製造を行わなったという理由から、希少価値が高まっているのが、ウルトラハイリリーフ金貨です。発行当時からアメリカでは高い人気を誇り、購入枚数の制限もありました。外国に出回らず、10万枚ほどの発行枚数だったという背景からも、現在は世界中で圧倒的な人気を誇る金貨として知られています。

ウルトラハイリリーフ金貨の希少価値が高いのは、古い時代のアンティーク金貨の復刻版とのいわれもあるためです。1907年に製造された金貨を復刻したものだといわれており、当時は鋳造技術が十分でなかったためにほんのわずかな枚数しか発行されなかったことで、1枚数億円の価値にまで高められているのです。

ウルトラハイリリーフ金貨にも種類があり、購入するときには様々な条件を参考に選ぶとよいでしょう。金貨のデザイン、デザイナーのサイン入りかサインなしか、残存枚数、価格など、選ぶ基準はいろいろあります。価格は数10万円から100万円台と、種類ごとに価格の幅も広がっています。いずれも新しい金貨だけに、その輝きは抜群です。